HOME > 理事長室











会員専用メニュー





理事長室







函館ラ・サール学園同窓会の皆様へ
 
 平成27年9月から理事長として任命されておりますロドリゴ・テレビニョです。
 ご存知の通り現在、日本のラ・サール会の活動としては、学校と児童養護施設と合わせて3つの施設です。沢山の方々の協力でラサーリアン・ファミリーとして特色のある人間教育施設として活動しています。その中一つに函館ラ・サール学園があります。言うまでもなく、ラ・サール会の私たちブラザーは、自分たちの限界がありますが、皆さんの協力により、その限界を補ってもらっていると思います。
 長年の伝統を誇るラ・サーリアンビジョンには5つの理念の柱があります。すなわち、①人間的キリスト教的教育による奉仕、②共同体の証、③貧者への優先的奉仕、④連帯、⑤FSC(Faith, Service, Community)です。聖ラ・サールの時代から、どんな国でもラサーリアン的な施設はこのビジョンの下で活動を続けています。聖書福音の価値に基づいて、共同体として教育の奉仕をして、ブラザーとラサーリアン協力者と一緒に、使命を共有して、ファミリースピリットを続けています。
 2011年より日本のラ・サール会とほかの6ヵ国と一緒に「東アジアのラ・サール管区」(Lasallian East Asia District: LEAD) となってきました。現在どんな国でもたくさんの問題と課題があるのですが、ラサーリアン・スピリットは生き続けていると思います。国内や国外のラサーリアンの皆さんと一緒に努力・協力しながらこの使命を果たすように続けていきたいと思います。
 皆様、ラサーリアン・ファミリーとして私たちの使命を進める具体的な取り組みを行いましょう。

 
2017年03月26日00時55分
納骨式のご案内
 
 来る2012年11月3日10時から船見町にあるカトリック墓園の中のラ・サール会の墓地で
納骨式を行います。
 ご参列ご希望の方は歓迎いたします。ご参列下さい。
 この度、納骨するのはカナダから分骨した
   ・ローラン元校長先生
   ・オーラス元校長先生
   ・ダニエル修道士
   ・シプリアン修道士(神戸)
の方々のものです。

詳細につきましては下記アドレスまでお問い合わせください。
frere-labelle@hotmail.com

 
2012年10月03日11時25分
函館ラ・サール学園の同窓会の皆様へ
 
 親愛なる皆様、私はこの紙面をかりて、タイのバンブースクールのための募金活動に際して、函館、東京、西日本、札幌、そして仙台における同窓会の定期総会にける、皆様のご協力に対して感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。また、昨年は、何と一ヶ月に4回も台風に襲われ、甚大なる被害を受けたハイチの学校を救済するため、寄付を頂きました。重ね重ね、同窓生の皆様の温かなご支援に対して感謝いたします。
今年のタイへの寄付は、240人の子ども達と、彼らの親である数名の大人達の為です。その子ども達のグループが発見された2008年9月から、タイのラ・サール会のブラザー達は彼らの世話をしています。子ども達の人数は常に増えています。彼らは山岳地帯に住んでいるのですが、ほとんどがミャンマー出身です。その彼らのための学校は、ミャンマーとタイ西部の国境地域、スリーパゴダ峠にあります。 その学校は実質的に最初から建てられなくてはなりませんでした。壁になるような物もなく、電気もなく、トイレもなく、十分な飲み水もなく、机も、本もほとんど全ての物がない状態でした。ただ、先生役のボランティアの人々だけはいるのですが、彼らにはちゃんとした資格もなく、給料も支払われてはいません。
 今年、皆様の温かなお気持ちのお陰で、同窓会と2,3の他のラ・サールファミリィーの方々から総額295,962円がタイのバンブースクールのために集まりました。そのお金は、10月にタイに送金されています。その資金は、来たる雨季に備えて、子ども達のための飲用水のタンクを作ることに当てられます。我々が何らかの形でタイのブラザー達に、支援をしたいということを伝えたところ、彼らからの提案がそのタンクだったのです。彼らは我々の支援に対して、大変有り難く思い、感謝しています。
最後に、親愛なる同窓会の皆様に感謝の気持ちを再度お伝えして、お礼のご挨拶とさせて頂きます。皆様はラ・サール精神のひとつの素晴らしい実例を、我々に示して下さいました。
Brother Andre Labelle
2009年10月15日

 
2009年10月21日16時30分

 
ラベル理事長のビデオメッセージにも紹介されております、ハリケーンによる甚大な被害にあったハイチ共和国のラ・サール校に、学校設備の復旧や備品の整備に少しでも役立てばと願って、昨年12月ラ・サール学園内にて行われました恒例のクリスマスバスケットから寄付金が贈られました。
この活動に賛同して同窓会においても毎年、寄付金を贈っております。

 
台風被害にあったハイチのラ・サール校
 
建設中の校舎
 
完成した校舎
 
2009年03月06日16時02分